M-HAND BLOG

エムハンドブログ

集客のためのホームページ運用に欠かせないマーケティング視点とは?3つの視点をご紹介

1,675

集客のためにホームページを運用することがポピュラーになった昨今、星の数ほどのホームページや情報が蔓延しています。その中でも多くのアクセスを誇り、成功しているホームページとそうでないホームページがあります。では、この違いは一体なんでしょうか?
それはマーケティング視点で運営できているかどうかです。そこで今回は集客のためのホームページ運用には必須ともいえるマーケティングの基本である、3つの視点についてお話ししていきます。

ホームページ運用を行う上でのマーケティング視点とは?

多くの職種・業態においてマーケティング視点は必要となります。あなたは、その視点をどのような意味で捉えますか?

いろいろな説明があるとは思いますが、様々な立場に立ち、できるだけ多くの方向から客観的に物事を見極め、考えることではないかと思います。

例えば、どんなに優れた商品やサービスであったとしても、顧客側に寄り添う事のない、ひとりよがりなものになってしまえば、期待通りの売り上げを出すことができません。

ホームページ上のコンテンツにおいても同じようなことがいえます。

提供する側が、自分たちが良質なコンテンツを提供していると思っていたとしても、見込み客のニーズと違っていれば、成果にはつながりません。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、長い間ホームページ運用を行っていると、自分でも気づかないうちに作業ベースになってしまいます。

偏った視点や都合優先になってしまっている場合が意外と多くあるでしょう。

 

そうならないためにも常に様々な立場に立ち、できるだけ多くの方向から物事を見極め考えていくというマーケティング視点を持つ必要があります。

マーケティングにおいて重要となるそれぞれの立場や視点

先ほど述べた、マーケティングにおける様々な立場や多くの視点についてもう少し具体的に説明していきます。

マーケティングにおける重要な3つの視点として、以下3点が挙げられます。

  • 売り手視点(サイト運営者)
  • 買い手視点(サイト訪問者)
  • 中立的視点

基本的にはこの3つの視点に立って考えるだけでも、マーケティング視点の考え方ができるようになります。

まず売り手視点で考え、次に買い手視点で考えます。

そうすると、必ず売り手と買い手の間にギャップが生じるはずです。そのギャップを中立的視点に立って埋めていきます。

ここで気をつけて欲しいのは、顧客視点に立って考えることだけがマーケティング視点ではないと言うことです。

大切なのは3つのバランスです。

すべてを顧客のニーズに寄せてしまうのではなく、自社のやりたいことや信念をしっかりと持ったまま、見込み客のニーズとのギャップを埋める解決策を導き出さなくてはなりません。

中立的視点で解決策!? 難しいようで、目から鱗な場合も!

「売り手と買い手の間のギャップを埋める解決策を、中立的視点で導き出す」というのは、とても難しいことです。

しかし、譲れないものや求めるものといったお互いのニーズを細かく抜き出し、精査しながらギャップを埋めていくと、思わぬアイデアが生まれたりすることもあるのです。

 

例えば投資会社が、「どこよりも専門性が高く、信頼される資産運用ノウハウを提供するインバウンドサイトを作りたい」と、考えたとします。

しかし、大半の顧客は「簡単にポイントだけを知りたい」と思い、難しい専門用語を羅列したページを隅から隅まで読む気にはなりません。

そうなると、「高い専門性で信頼を獲得するコンテンツ」と「簡単に理解できるコンテンツ」とのギャップを埋める方法を中立的な目線で導き出す必要がでてきます。

 

これらのギャップを埋める中立的な視点として

  • 専門的で難しい話を噛み砕いてわかりやすく説明してくれるライターを起用し、コラム記事にする
  • クイズ形式にして結論を先に伝え、興味を持った人だけが詳しい解説を読めるようにする
  • 難しい話でもセミナー形式の動画コンテンツにすればわかりやすくなるかも?

このようにしてギャップを明確にすることにより、様々なアイデアが浮かんできます。

さらにそれを繰り返すことにより、集客力の高いコンテンツとなっていきます。

3つのマーケティング視点をバランスよく取り入れて分析しましょう

  • 買い手・売り手・中立的の3つの視点はマーケティングの極意
  • 売り手視点でやりたいことを考えた後で、買い手視点で考える
  • 売り手と買い手の間に生まれたギャップを中立的目線で埋めていく

 

良質なコンテンツは、訪問者のニーズにマッチして初めて成立します。

集客できているかどうかは一目瞭然なはずです。

 

うまく集客につながっていない場合は、3つの視点に立ち、考え直してみるといいかもしれません。

新たなアイデアや解決のヒントが見つかるでしょう。