M-HAND BLOG

エムハンドブログ

良質なコンテンツ記事を確保するために。クラウドソーシングで記事を依頼する7つのポイント

67

クラウドソーシングの活用で良質な記事を確保するには

現在、インターネットには多くのコンテンツがあふれています。そして、スマートフォンの普及によって、多くの人が手軽に大量の情報にアクセスすることが出来るようになり、魅力のないコンテンツは最後まで読んでもらうことが難しくなりました。また、検索エンジンのアルゴリズムが進化したことにより、いたずらなコンテンツ記事の量産は、SEOの面でもウェブサイトの評価を下げることにつながりかねません。

ただし、常に質にこだわることによって、それぞれの記事に対して過剰に時間をかけてしまい、わずかな頻度でしか更新できないということは、必ずしもSEO対策における結果に繋がるとは限りません。WEBサイトの現状の検索順位やその動き、その他の動向を見ながら量と質のバランスを見極め、適切なコンテンツ記事を追加していくことが、最も成果に繋がりやすいと言えます。

現在は多くの企業が自社のホームページを持ち、その中でSEO対策の一環としてコンテンツ記事の追加を行っています。さらに、多くの企業ではそういったコンテンツ記事専属のライターを自社で雇うのが難しく、クラウドソーシングのサービスを利用しながら、定期的に記事追加を行っている所が多いのが実情です。

しかし、クラウドソーシングを活用して記事の制作をライターに依頼するのは、何かと気を遣う必要があり、意外に手間がかかるものです。しかし、ライターと直接やりとりをすることによって、より正確にこちらの意図を伝え、希望通りの良質な記事を執筆してもらいやすいというメリットもあります。その為、この記事では直接ライターとのメッセージのやりとりをしながら記事の執筆を進めるときに、どのようなことを意識すれば良いのかについて解説します。

クラウドソーシングで良質なコンテンツを確保するコツ

1.ライター選びには対応や実績を十分に考慮する

ほとんどのクラウドソーシングにおいて、ライターの作業者登録自体は、なんらかのテストを受けたり、資格を持っていなければいけない訳ではなく、未経験者であったとしても自由に登録することができます。そのため、期待していたクオリティが満たされないことや、納期が守られないこと、最悪の場合には仕事自体を放棄される危険性も否定はできません。ライターを選ぶ際には、可能であればその人が現在どういった評価を受けているのかを確認しましょう。これまでそのライターが他の依頼主からどのような評価を受けているのかを確認できる場合もあります。また、自己申告ではありますが、プロフィールにライターの経歴や得意分野が記載されていることもありますので、そういった情報も参考にしましょう。

2.適切な金額で募集する

クラウドソーシングでライターに記事を依頼する場合の単価は通常、1文字あたりの価格で設定されます。価格には大きく幅があり、安いものだと1文字あたり0.1円、高いものだと1文字あたり5円~10円という仕事まであります。相場の感覚を掴むには、時給で換算して考えるとよいでしょう。たとえば、1文字1円で2,000文字の仕事を受け、2時間で完成させることができるライターの場合、その時給は1,000円になります。これが仮に1文字0.5円だとすれば、時給は500円ということになります。依頼するライターによって、同じ金額でも記事の質は異なるというのが現実ではありますが、やはり安い金額であれば、あまり質の高くない記事が納品される可能性が高いと言えるでしょう。

単に文字数が一定量あれば良いのではなく、質の高い記事を求めるのであれば、ライターも記事の作成に多くの時間をかける必要があるということを認識しなければなりません。依頼主が求める記事の内容や質が依頼する単価が合っていない場合、期待した水準の記事が納品されない可能性が高くなります。適切な金額で募集をするためには、依頼する記事の相場を正しくつかむことが必要です。相場を知るためには、ほかの依頼主がどのような金額で募集しているのかということを調べることが有効です。クラウドソーシングには多くの依頼主がいるので、同じ水準の記事を依頼している人の単価を調べてみましょう。

3.ライターのモチベーションに配慮する

ライターも人間ですので、クライアントの態度や方針によってモチベーションが変わってきます。たとえば、良い記事を継続して納品してくれるライターには、単価のアップを提示しても良いでしょう。単価を上げること以外にも、納品された記事の良かった点について触れるなど、フィードバックを返すことも大事です。そうすれば、ライターもより良い記事を納品しようという気持ちになるでしょう。また、別の機会で同じライターに仕事を依頼するということになった場合、以前の依頼で丁寧な対応をしていれば、多くのライターは気持ちよくしっかりとした記事を書こうとしてくれるでしょう。クラウドソーシングを利用する場合、通常はライターと直接は顔を合わせることなくやり取りが続きます。そのため、こうしたことを忘れがちですが、職場で実際に接している同僚と同じように気配りをすることが大事です。そして、こうした配慮によってライターと継続的なやりとりが生まれ、安定したスムーズな記事の依頼がしやすくなるでしょう。

4.テーマに合った文字数を設定する

記事を依頼するうえでは、テーマにあった文字数を設定することが大事です。しかし、記事の依頼に慣れていないと、どうしても大まかな依頼になる傾向があります。設定された記事のテーマが狭い範囲の話題を扱うものであるのに対し、設定した文字数が大幅に多いとライターはコンテンツの素材を集めることが困難になります。その結果、関連性の薄いコンテンツや意味の無い装飾をほどこして、なんとか指定の文字数を埋めようとし、質の低いコンテンツが納品される可能性が高くなります。そのため、記事を依頼するうえでは、あらかじめ自分でコンテンツを書くつもりになって、何を書いてほしいのかを考えるのがおすすめです。また、引き受けてもらえるかは依頼するライター次第ですが、本格的な執筆に入る前に記事の草案の提出をお願いすることも出来ます。そうすることで、その文字数でしっかりとした内容の記事を執筆できるかということを事前に確認することができます。

5.テストライティングでライターのレベルを確認する

依頼を検討しているライターが、大手メディアで署名記事を書いた経験があるような人なら別ですが、自己申告の実績だけしかない場合は、テストライティングを行う方が望ましいです。力量がわからないライターに対して最初から多くの記事を依頼して、期待通りの記事が納品されなかった場合、記事の発注作業やライター自身の記事執筆を最初からやり直しになる可能性もあります。テストライティングは無料で依頼することは可能ですが、できれば一般的な相場よりも安くて良いので、きちんと対価を支払うのがよいでしょう。そうすると、実際にライターに記事を依頼することになった場合、スムーズなやり取りができる可能性が高くなります。

6.なるべく依頼内容を詳しく説明する

ライターに記事を依頼するときは、なるべく詳しく希望の条件を伝えましょう。可能な限り掲載先のサイトを見せることがベストです。そうすることで、記事の構成や文面の印象などが、既存のものと大きなずれがない記事の納品が期待できます。掲載先サイトを見せることが不可能な場合は、サンプル記事を作ると良いでしょう。また、企業によってはライター向けの執筆マニュアルを用意しているケースも多いです。 マニュアルを用意すれば、毎回ライターに説明する手間が省けますし、大事なポイントを伝え忘れることもなくなります。ライターの立場からすれば、細かいことを何度もクライアントに確認するコストを軽減できるので、記事の作成に集中することができ、結果としてクオリティの向上に繋がるということも期待できるでしょう。

 

7.納期は余裕をもって設定する

ライターに指定する記事の納期は、なるべく余裕を持たせましょう。納期を守らないライターも一定数いるというのも事実です。その為、そうした事態をあらかじめ見越して納期を設定するほうが良いでしょう。納期の遅れを防ぐためには、個々のライターの環境を事前に確認しておくことも有効です。専業ライターと副業ライターでは、執筆に取れる時間が大きく違うのが一般的です。そのため、依頼するうえでは、執筆にどのぐらいの時間を取れるのかということを聞いておきましょう。

また、納品された記事に修正が必要な場合もありますが、そうした場合の対応をあらかじめ決めておきましょう。ライターにとっては、記事の修正は大きな手間となります。細かい文字の間違いのようなものなら良いですが、納品されたコンテンツの内容が期待したものと違った場合、どちらの責任なのかという点でもめる可能性もあります。その他、修正対応に追加料金を請求するライターもいるので、依頼から納品、そして代金の支払いまでの流れを最初にはっきりさせておきましょう。

記事の外注作業そのものを外注する方法もある

先述した通り、期待した品質の記事が納品されるようにするためには非常に多くのポイントがあります。記事作成を外注するのは作成の手間や時間を省くためですが、その外注作業に時間を多く取られてしまうと外注するメリットが薄れかねません。そのため、こうした記事の外注業務そのもの(ディレクション)を外注するという方法もあります。依頼する記事数が少なければ問題になりませんが、記事の本数が増え、依頼するライターの数が多くなると、問い合わせの対応など細かい雑務に忙殺される可能性があります。そのため、ディレクションを外注するということも検討してみましょう。また、ディレクションにもスキルが必要ですから、作成する記事が多い場合は、経験豊富な業者に依頼することも検討するとよいでしょう。

質の高いコンテンツを継続的に生み出す仕組みづくりを

ホームページに求められる記事の質が高くなった結果、企業がオウンドメディアを作るようなケースでは、もはや社内の人材だけでコンテンツを用意することが難しくなりつつあります。そのため、記事の作成やディレクションを外注化し、質の高いコンテンツを継続的に作り出せる「仕組み」を構築するという発想が必要でしょう。良いライターの確保や、良質なコンテンツを維持するのは手間がかかりますが、良いコンテンツはそれ自体が、顧客を連れてくる優秀な営業マンとなります。細部にこそ手を抜かず、良質なコンテンツを提供するよう心がけましょう。